胡同とは
「胡同」は北京特有の歴史ある路地、横丁のこと。北京には数千本と、おびただしい数の胡同が故宫の周囲に张り巡らされています…
四合院とは
四合院の「四」の字は、东西南北の四面を表している。「合」は取り囲むという意味で、四合院は四つの面に家屋があり、あるいは四つの面が壁に囲まれた家屋のこと…
有名な胡同
什刹海
什刹海は北京の歴史ある文化的な景胜地。前海、後海、西海の3つの湖から构成され、近くには恭王府、縦横に交错する胡同、歴史ある钟楼と鼓楼が什刹海に呼応するかのように存在している。胡同めぐりには最适なところだ…
南锣鼓巷 
南锣鼓巷は北京で最も古い街の1つだが、この数年、多くのファッション雑志の报道スポットとなり、テレビドラマの撮影も少なくない。外国人観光客の多くも必ず访れる名所だ。実际、明清以来、ここはずっと「富裕层の住むところ」だった…

胡同めぐりのコース

胡同めぐりは南北の2コースがある。南コースは主に前门付近に集中、明清时代の民居が主体で、道は比较的狭い。北コースは什刹海一带。昔の北京の王族や公族の邸宅が集まっている。道は比较的広い。あまり见栄えのしない家の前をぶらりと歩いても、昔日の歴史の足迹を発见できるだろう…