伝统の祭り?「庙会」(縁日)
?

早期の縁日は庙(お寺)の神様や仏さまを祭る行事のみに限られていたが、経済の発展と人々の相互交流の必要が増えるにつれて、縁日は庙の神や仏を祭る行事と同时に、市(いち)での取引の内容を融合させることになった。往时の縁日は「庙の市(いち)」ともいわれ、行事を催す场所は一般に庙の境内或いは庙の近くであり、中国民间の市(いち)の重要な形态の一つとなった。

现在、北京の縁日は宗教色がますます薄くなり、たまに祭祀の行事を模した娯楽的な行事しか行われなくなった。北京の縁日の中で、毎年に最もにぎやかで、人々に最も喜ばれているのは白云観(道教の寺院)、东岳庙と地坛公园のものである。春节(旧正月)の期间に、これらのスポットは美しく饰り立てられ、黒山のような人だかりで、押すな押すなにぎわいぶり。縁日の伝统的な内容には「福の札」を买い、「布の上に福の字の模様を描き」、「福の树のまわりを回り」、「福の道を歩き」、亲族の人たちに「福のカードを送る」などの福を祈る行事、狮子舞い、竜舞い、竹马踊りなど豊富多彩な民俗行事、各地の雑技の得意芸と、何と言っても欠くことのできない北京の軽食および色あざやかなタコ、切り纸、花轮、饰り物、民间工芸品などがある。

?

?

?



?

?

1?? 2????