伝统工芸品

しんこ细工の人形

?

?

?

?

?

しんこ细工の人形は精制小麦粉、もち米粉などを材料とし、防腐剤も加え、それに水を混ぜて団子の形にねり上げ、なべに入れて蒸してから、必要にもとづいてそれぞれ异なった顔料を入れてさらにねりあげると、さまざまなイメージのしんこ细工の人形を作ることができる。しんこ细工の人形づくりには长い歴史があり、汉(前206-220)?唐(618-907)时代以来、ずっと民间の手芸品として伝えられてきた。その多くは仏教?道教の物语、伝统演剧及び歴史上の人物をモデルとしたもの。指先によって作り上げる技法は简洁で、作り上げられた人形は大きなものは手のひらぐらいの大きさで、小さなものは果実の核ぐらいの大きさであるとはいえ、顔には目、耳、鼻、口などがあり、イメージが鲜明で生き生きとしており、小さな民俗雕塑芸术品の一つである。

?

七宝焼

?

?

?

?

?

?

七宝焼は珐琅びきとも言い、元朝(1206-1279)の都で生まれた芸术品で、明朝(1368-1644)の景泰の顷(1450-1456)に盛んに作られるようになった。うわぐすりの色が主に蓝色(ピーコック青とサファイア?ブルー)を主とするため、景泰蓝(七宝焼)と称されてきた。

元代の末期に现れて以来、宫廷への贡ぎ物として重宝がられた。七宝焼のうつわは素朴かつ奥ゆかしく、色が浓くてきらびやかで、明?清(1616-1911)时代の珐琅制品はいっそう豊富多彩で、皇帝と皇后?妃らの日常生活の中で欠くことのできない用品とされ、特に清の乾隆の顷(1736-1796)にはさらに流行品となり、利用と観赏のために宫殿で使われていた。

七宝焼の制造技术はかなり复雑で、纯粋な手工芸品である。使う原材料には主に紫铜、珐琅原料、纯金などがある。

?

?

1?? 2????