皇室の祭祀の场所?天坛
天坛は昔、天を祭った场所である。人々は天に祈愿ができたが、天を祭るのは天子だけの特権だった。天坛は明?清代の皇帝が、天を祭って豊穣を祈る场として造ったものだ。建设されてから数百年の间、二十数人の皇帝が、盛大な祭典仪式を行ったのだ…
万里の长城
万里の长城は中国古代の最もすばらしい防御施设であり、世界建筑史上の奇迹でもある。纪元前の春秋?戦国时代から筑造が始まり、17世纪の明の末期に竣工、2000年の歳月を越える。东から西へ山々を越え、草原や砂漠を突き抜け、延々と5000キロも続く…
清代の离宫?颐和园
北京の北西郊外にあるは中国に现存する最も规模の大きな、最も完ぺきな形の皇室庭园である。北方の山川の雄壮さ、江南水郷の秀逸さ、皇居の华丽さ、そして民间の邸宅の精致さをもそなえ、中国で最も美しくて、最も有名な古典庭园である…
明の十三陵
明の十三陵は、北京の西北郊外、市の中心から约五十キロ离れた燕山の支脉?天寿山の南麓にある。中国に现存する最大の皇帝陵墓群である。陵墓の规模はそれぞれ异なり、その中からは主人の生存期の歴史的背景や暮らしぶり、性格などがうかがえる…
周口店古代人类文化遗迹
北京市房山区の周口店に位置する竜骨山は中华民族の祖先である北京原人が生活していたところである。1929年に学者の裴文中氏によって北京原人の完全な头盖骨が発见された。この発见は人类の歴史をさらに50万年も遡らせることになった…
明清时代の皇居?故宫
北京市の中心部にある紫禁城は、1420年に竣工した顷から、1911年に最後の皇帝が権力の座を下りるまで、500年の间に24人の皇帝がここで暮し政务をつかさどった。世界に现存する最も大きな、最も完ぺきな形で保存された古代の宫殿群である…